ウィリアム J. ミラニ

ウィリアムJ. ミラニ

取締役会の副議長 / 当法律事務所のメンバー

ウィリアム J. ミラニは、エプスタイン・ベッカー&グリーン法律事務所のメンバーであり、労働および雇用プラクティスに従事しています。ニューヨークをベースとし、当事務所の国際雇用法グループをヘッドとして率いるとともに、当事務所の取締役会の副議長を務めています。

ミラニは、専ら多国籍企業及び国内企業を代理して、労働および雇用に関する法律のプラクティスに積極的に従事し、特に金融業界のクライアントを代理した経験を有しています。ミラニは、マーティンデール・ハベルのピアー・レビュー・レーティングにおいて、最高位のプロフェッショナルレベルを示す「AV Preeminent」の評価を得ています。さらに、2013年には、マーティンデール・ハベル及びThe American Lawyer誌により「労働および雇用法部門のトップ弁護士」と評されています。また、ミラニは、「アメリカの最強弁護士」(2009年より現在まで)、PLC Which Lawyer? Yearbook (2008年から2012年まで)及びニューヨークスーパー弁護士 (2011年から2013年まで)にも選出されています。

ミラニは、以下の経験を有しています。

多業種にわたり雇用法に関するあらゆる側面(EEO法(雇用機会均等法)及び就業場所について規律するその他の法律の遵守を含む)に関して雇用側へアドバイス

労働者個人の紛争、解雇、懲戒の予防並びにパーソナルポリシー及びその手続の策定及び実施に関して雇用側へアドバイス

雇用契約書及び競業禁止契約の作成、退職金プラン及びポリシーの策定並びにM&A、組織再編及び代替的紛争解決手続に伴う雇用関連問題に関わる広範な経験

多国籍企業が直面するユニークな労働及び雇用に関する法律問題についてアドバイス

ハラスメント、多様性及び雇用機会の均等に関する問題についてのレーニングを提供

ミラニは、コーネル・ユニバーシティー・スクール・オブ・インダストリアル・アンド・レーバー・リレーションズ(Cornell University School of Industrial and Labor Relations)において、非常勤講師として、ヒューマンリソースと法に関するコースを教えています。ミラニは、米国内及び海外において、広範にレクチャーを行った経験を有しています。また、ミラニは、Financial Services Employment Law Blogにも寄稿しており、雇用法の問題に関する多くの著作を有しています。

学歴

ワシントン・アンド・リー・ユニバーシティー・スクール・オブ・ロー (J.D., 1981)

コルゲート・ユニバーシティ(B.A., 1978)

法曹資格

イリノイ州

ニューヨーク州